お誕生日飲み会後夜祭

なわけで行ってきました。渋谷新南口から5分くらいの婁熊東京
e0065350_18302413.jpg


実は前の日も、昨日の昼間もモツをはじめ、あまり得意じゃない食べ物の話をしていたとところのどんぴしゃでございました…(^^;)

でも、モツ焼きでも、多分、私が食べられるものがあるだろうし、サイアク冷奴くらいはあるのでは…、なんていう感覚で行きましたです。

私が行った時にはもうみなさん98%くらい飽和状態だったのではないでしょうか(^^;)
テーブルの上はきれいになって、Yりちゃん一人がみょーなテンションで盛り上がり、男性陣3人はめちゃくちゃ静かだった(^^;;;;;)

私が絶対に食べられるのは「しろ」。これは静岡のおでんに入っているのです。
あとは、タン塩が食べられるんだからタンも食べられるだろうと。
で、2本頼みました。
e0065350_1825223.jpg

うん。とてもとてもおいしいと思いました。

レバーが好きな人には最高のお店みたいだよ。
私はトライもしなかったけど。
だって、ごめんね、食感が好きじゃないからどんな風に調理されてもだめなんです…。

でも、もしかしたらハツくらいならいけるかも。とタンを食べて思いました。多少のチャレンジは必要かな…。

私、けっこう食感がダメだとダメなんでございますのよ。
ぶよぶよしているものとコリコリしているものが好きじゃないざんす。
でも、ぶよぶよしていても好きなものも多少はあるの。角煮とか。
コリコリしていて好きなものあるかな…。

でもさー。
せっかく命を下さっているんだから(肉にしても野菜にしても)それwおいしいと思って食べてくれる人に食べられた方が幸せだと思うのよ。

「おいしさがわからないなんて!」という気持ちも分かるけどさ。だって共有したいもんね。

で、あとは煮込みをいただきました。
e0065350_18312928.jpg

うん。これもおいしい。しょうががきいています。
多分生臭みがキライとかではないんだよな。本当に食感と形と色。
内臓関係でいくと、たとえば焼肉の「センマイ」。
きゃーーーー!!色も形も怖いわ、私(^^;;;;;;;;)
人が食べてるのは平気だけどね。

まぁ、センマイは見た目拒否が入りますが、その他の食感がキライであるもの、は食べたことがあるということです。食べないと「食感」はわからないから。
ミノも見た目がちょっとコワイ。

小さいものの集合体のようなものが怖い(キライ)なのです。
だからかつてはえのきもイヤだった。
魚卵なんか最たるもの。甘エビの青い卵は私はいらないですうぅぅぅ。
甘エビの青い卵は今は多分食べられると思うけど、色がすごすぎませんか?
なぜみんなあんなすごい色のものを食べられるんだろう??
もしかしたらイクラも色が鮮やか過ぎる、というものもあったのかも。
ちなみにえのきも魚卵(除・数の子)も今は食べられます。

あと、噛んでも噛み切れないものが好きではないです。(好きな人いるかな?(^^;))
そういうものってどこで飲み込めばいい?

あとはブログか本家のHPの日記に書いたか忘れたけど、苦いものがキライです。
苦いもので好きなものは唯一ゴーヤ。
でも好きと言ってもゴーヤだゴーヤだ!毎日食べたい!というほど好きではないです。

さんまのハラワタもすきではないし、サザエもダメだった。
私の中ではにんじんもレタスも苦い。
レタスはサラダに絶対的に入ってるから慣れていったけど、ドレッシングや塩ナシで食べられるかな。
にんじんは調理法によるなー。
パセリや香草類は私にとっては完璧飾りです。時々飾りでもいらないと思うことがある。
大葉は好きだけど…。

でも、そんなにピッキーなこと言っててはイカンじゃない?子どもじゃあるまいし?と一応思うんですけどね。

ここんとこ食事に行ってあれだめこれだめが多い自分を少し呪っています。
じゃあ何が食べられるのよ??と聞かれてとても困る。
私、なにが食べられる??orz

でも、楽しい人たちと食べる食事はとてもおいしい。
〆に焼きおにぎり。
e0065350_18461454.jpg

冷麺を頼んでた人もいた。これは次回トライ。
e0065350_18465140.jpg

お店から杏仁豆腐とお茶。
e0065350_18471029.jpg


あぁ、楽しかったなー。
昨日は終電より前には帰ってきましたよ(^^)/

今年はなんだか良い年になりそう。
楽しいお誕生日前後でした。
[PR]
by ensayo | 2009-08-25 18:53 |

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31