「ほっ」と。キャンペーン

マイケル・ジャクソン

もんのすごくファンだったわけではないけれど、スリラーのPVに感激し、BADのアルバムを持っていてたまに聞くくらいのファンではあった。

整形のことや、いろんな事件、ゴシップが先走った感があって、すごくファンになろうと思ってもいなかったのもあるな。
私、意外と人の意見に左右されやすいかも。
いや、されやすかったかも。

自分が好きな人でも、他人に「え~!どこがいいの?」などと言われちゃうと、なんとなくあんまり良くないのかな?なんて思ってしまったりしたよな、昔は。
そうだ。
うん。
私ってそういう人だったんだ。今の私とは違う人だ。わはは。

今は私が好きだから好き。他の人がどう思ってもいいよ、というスタンスだけどね。
このアーティストは好き、この人はあんまり好きじゃない、と今はけっこう言える。
んでも、知らないアーティストの場合、レコメンドする人がいたらば、とりあえず見たり聞いたりして、自分で判断したいとも思う。
誰がそう言っているかにも寄るけどさ。
自分と近しい人がそう言うのなら聞いてみようって思う。
TVやメディアから遠のいている最近では世間的な評判はよくわからないし(^^;)

話をマイケルに戻すと。
なんというか、本当にいわゆるスーパースターだったんですね。
自分のステージにものすごくこだわりを持って、リハでも力を抜かない。
踊りも実はバックダンサーよりも動きは少ないかも。
うーん、語弊があるかな…。
ムダのない動きと言うか、決して大振りではないのにそこに視点を持っていかれるオーラ。
存在感。あのターンの速度、正確さ、何から何まですばらしい。
そしてきちんと歌っている。
ものすごいリズム感、グルーヴ感、音程。

さらに。
マイケルと同じステージに立ちたいと切望して、立てて嬉しいというバックの人々。
ミュージシャンの感度の良さ、すぐにつけられる反応の良さもすごい。
メインヴォーカルもめちゃくちゃ良い。コーラスのラインもバランスもすばらしい。

オーディションで選ばれたダンサー群の最初のコメントのひと言ひと言にものすごく真摯なものを感じ、あのわけわからないくらいの人数から選ばれたプライドと努力と華を最大限に生かすスタンス。

誰かが勝ち取るポジションの「誰か」に選ばれた彼ら。
振りを取るのもものすごく早いし、きちんと鍛えられたカラダも美しい。

同じ踊りを踊れても、きちんと自己アピールができても、落ちていった人たちもたくさんいるんだよね…。

そこまできちんとセレクトして、さらに自分の動線を把握して、スタッフとともにステージを作っていくマイケル。
スタッフに対する口調はあくまで優しいけれど、妥協はしない強い意志。

本当に本当にすごい人なんだと思う。

映画館で座席からかさりとも音のしない映画なんてめったにないんじゃないかと思う。
ポップコーンを食べている人はいたのかな?みたいな。…多少音の大きい場面では食べていたかもしれないけど。
でも、なんというか画面に全員が釘付け、という雰囲気だった。

自分がしている「仕事」に対する真摯さが感動を呼ぶんだと思ったよ。

それはミュージシャンやダンサーに限らず、ステージの大道具を作る人も然り、衣装を作る人然り、CGをはじめとする効果の人も然り、そしてステージやパフォーマンスから離れて「奇跡のリンゴ」の木村さんも然り、クラブのママ然り、ゲストダイバーに面白い生き物を見せてあげようとするガイド然り、常にきれいにされている場所と誰もが思う公共の場をお掃除している人然り。

「仕事」のとらえ方はいろいろかもしれないけど、自分の仕事はなんぞ、がわかっている人をプロフェッショナルと呼び、そういう人はどんな分野であろうと本当の意味でエキスパートだよね。

私もがんばらなくちゃー。

そんなわけで、昨日は映画館で生ビールを飲み(生ビールを持って入っちゃったけど、とにかく早く飲み干してしまわなければ、という気持ちだった。画面に集中したくて)、帰って来てからスタイルフリーとワインを飲み。
e0065350_2442713.jpg

夜中に食べ過ぎ飲みすぎをしてしまいましたわ。
[PR]
by ensayo | 2009-11-26 23:21 |

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28