お酒を抜いた翌日は♪

お酒を飲むのだよ~♪

本日、月イチヴォーカルの日でした。
ヴォーカルを習いだして何年になるのかな?
もう4年とか??

いんや、違う!!!
2005年の10月くらいだよ、始めたのは。ひゃー!!びっくりざんす。
もう2011年だよ。5年は過ぎたんだ。ひょええええ。
5年といえばあーた、大学卒業してしまってますぜ。

もちろん、月イチのレッスンで、さらに、それを仕事にしようと本気で思っているわけではないから、楽しくやらせていただいているけど、回数にしたら12回×4年としても48回。
1回か2回休んでいるのだけどもう50回は突破しているんだ、多分。
すごいなー。

でも、先生側からはどう見えているかは知らないけど、最初に習いだしたころに比べたら、多少自在に操れるようになってきたよ、声を。

私の場合はさすがに音大を出ているだけあって(?)楽譜を読んだり音を外さないで歌うことに関してはほぼ問題ないのよ。

そこから先。
まぁ、高い声を出すことや低い声を出すことのテクニックは経験と練習によって、ではあるけれど、そうじゃないニュアンスとかその辺が難しいのよねー。

特に、管楽器と違って歌詞があるから変なところでフレーズ切れないし、ブレスコントロールして音程のことも気にして、さらに具体的な歌詞の状況を把握して表現する…。

うーむ。

声質も大いに関係あるかも。
だから歌える歌と歌えない歌がある。(テクニックじゃなくて。)
歌いたいのに、そのキャラじゃない、みたいな。
そのキャラじゃなくても良いと、独自のキャラを作り上げて、聞き手を納得させられればいいんだけど。
(それはものすごいテクニックですわよ。)

その点、器楽は言葉がない分自由だなぁ。
もちろん標題音楽の場合もあるし、時代や作曲家の背景も多少は関係してくるけど、歌詞ほど顕著じゃない。

うん。
だからまず、歌詞を理解することから始めたりもするね。
(でも、フラメンコのカンテを多少かじっていた時は歌詞を殆んど考えてなかったけど。というか意味がよくわからないものが多すぎて(^^;))

でも、何の曲を持っていってもいいので本当に楽しいよ。
クラシックでもミュージカルの曲でも外国の曲でもJ‐POPでも。
まだチャレンジしてないのはジャズ。(もちろんラテンもまだ。)

レッスン後は得意の大久保のKBキッチン(^^)/
ビールが安いのよ~。ジョッキは小さめだけど。5杯も飲んじゃったわ~~。
マサラパパドとアルアチャール。おいしいよ~~(^p^)v
e0065350_2334641.jpg
e0065350_23343360.jpg

e0065350_2344174.jpg
はずせないのはマトンのドライミート♪とモモ♪
カレーはダールのちょい辛口とナン。もう少し辛くても良かったな。
e0065350_23371859.jpg
e0065350_23344656.jpg
e0065350_23373236.jpg


この日はばったばただったんでお昼にミスドのハンバーグパイとポンデクランチショコラ(念願の)を食べただけだったんですんごくおなかがすいてたんだ。
なのですきっ腹でビール5杯も飲んじゃって、けっこう食べちゃって、気づいたらけっこうな時間で、深夜バスで帰宅という愚行。
e0065350_23391845.jpg
e0065350_23393618.jpg


でも、帰ってからちゃんと歯磨きもして顔も洗って、電気も消して寝た。
前日に酒抜きしたのが良かったのかな??
[PR]
by ensayo | 2011-02-24 23:00 |

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30