そして日常

私の仕事の殆どは「教える」ことなのだけど、趣味で習っているヒトと、プロになりたいヒトと、学校にいるヒトの大きく分けて3分野。

趣味でやっているヒトでもやっぱり基礎は必要なので、けっこう徹底して基礎練習をしたりする。

プリエもできないのにグラン・ジュテはできないからね。
(いや、たとえですよ。私はバレエを教えているわけではない(^^;))

趣味でやっているヒトにはちとキツイかも、と思いながら、ゆっくりやっているんだけど、結構みんな頑張ってついてきてくれて、こちらが感激してしまうこともある。

んでもってプロになりたい人(音大受験生を含む)にはかなりキビシイレッスンをする。
だってプロになるんだからね。
それでもってお金を稼ぐんだからさ。

今時はへなへなでテキトーにバイトしてても稼げたりするから、サボったり無断欠勤したりする輩も多いらしい。
自分がやらなくても誰かやってくれる、と思ったり。
どうせならラクして稼ぎたい、とか。

ま、楽して稼ぎたいのは誰もが思うことだと思うけど、きちんと就職して(私してないけど…(^^;))自分の仕事に責任を持つようになったら、楽だの何だの行ってる場合じゃないことに気づくんだよね、多分。

エンタメ系の場合は、一回一回がものすごく大事で、たまたま調子が悪かった時に観た人には「あのヒトはあの程度」と思われてしまう。
だから常に全力でいないといけないのよ。

ま、それはエンタメ系だけではもちろんないのだけど、視覚的に捉えられるという観点から見たらわかりやすいかと。

だから、プロちゅうのはなかなかキビシイもんやで、と、自然にキビシイレッスンになってしまう。

そのキビシサを少しでもわかって前向きに頑張る人々のことはしっかり応援したいと思うんだけど、半端な人々もいて…。
半端な人々はいったい何をしたいのだ??と眉間がコイル巻きになってしまって…。

そういう時は食べ過ぎてしまうのだ。
(飲みすぎはいつものことなので(^^;))

最近肉っぽいものを食べていなかったのでいきなりステーキランチ。
e0065350_2329319.jpg

ファミレスのものなので肉は多少硬い。
でも噛む。噛む。噛む。
ストレスを肉を噛むことによって発散する。
さらにケーキ。
e0065350_2330567.jpg

こんなにおいしいケーキをストレスで食べたらもったいないのだけど。

そして夜にはきちんと(?)ワイン。
e0065350_23333041.jpg


そうしてリリースできてリフレッシュできるかというとそんなこともなく、ただ過食による体重増加が結果として残ってしまって悲しくなるのでございます。
[PR]
by ensayo | 2007-10-20 23:37 |

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30