アレグリクラス

3回目。

後ほど追記します。…すみませんm(__)m


追記:10月23日午後

やっとクラスにも慣れてきて、次に何をやるかがわかってきた。
(基礎の部分ね。)

次に何をやるかをわかっているのとわかっていないのとでは気持ちのゆとりが大違いなのであるよ、ニンゲン。

ひー、わかりません、ツギハナンデスカ???
と思っているうちはなんか必死になってしまうのだわ。

ま、昨日も必死ではあったんだけどね(^^;)

私の中では「やらないこと」「できないこと」があまり許可されない。
何がなんだかわからなくてもやる、とか続ける、とかどうも脳の構造がそうなっているらしい。

そうすると、一杯いっぱいになっている時には本当に表面だけなぞる状態が起こる。
体に指令を出せない脳をちょっと情けなく思う。

視覚や聴覚のみから情報を入手してそれを忠実に真似する、というのはひとつのテクニックだよね。

だから、そう、カンテも楽譜に書いてあったら歌えるのに、などと思ってしまうのだよ。
それは、見方としてはフラメンコの究極の反対側なんだろう。
音が合っていればよし!みたいな。
いや、音はある程度合ってなくちゃダメなんじゃないかとは思うけど…。
(そうでもないという人が多い。もっと根本的なものなんだと。)

いや、フラメンコだけじゃなくて、他の音楽もそうなんだろうけどね。

だから、忘れないようにするために、楽譜にしたり図にしたり。
…それ自体が悪いわけではないと思うんだ。
使えるツール(楽譜にすることができるチカラなど)は使った方が身に入るのが早いから。
で、そこにとどまっていないで、先へ先へと進むことなのだよね。うん。

自分は教える仕事をしているから、先生の言うことがいちいち良くわかる。(^^;)

んでもってわかることとそれが実際に出せるかということもまた別問題なのさ。

でもやっぱり楽しいなー、踊るの。
何度も何度も指摘されて、少しずつ気づいてきたことも意識できるようになってきたこともある。
がんばろー!!


というわけで帰ってきたらワイン。
e0065350_15441231.jpg

パソコンデスクで飲み食いすることが多いのだけど、デスク自体が少しゆがんでしまったんだよね、多分。なのでワイングラスがゆがんでるように写ってちょっとおもしろい。(^^)

ワイン飲みながら、なんかいつもより足が疲労してるな、と感じた。なんでかな?そんなに足の練習一杯したっけ??

おともは湯葉とオクラの卵とじ。
e0065350_15544814.jpg

これ、このままごはんにかけて食べてもおいしそうだ。
そうそう、少し前、ベーコンエッグ丼にハマってました。画像探したけどないんだよな。撮ってなかったのかな?
丼ものって、ラクチンで良いよね♪

ワインはモンテプルツィアーノの飲み残しがあっという間になくなっちゃったので、ヨーリオを開けました。
e0065350_15502182.jpg

12本キープできるワインラックから1本でも欠けると、あ、ワイン頼まなくちゃ、と思ってしまう私は異常でしょうか(^^;;;;)
[PR]
by ensayo | 2007-10-22 23:53 | フラメンコ

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31