カンテ

オープンクラスでした、昨晩は。
e0065350_1458527.jpg


ひーー!!行ってきます!!後ほど追記します!!


追記:3月2日夜
フラメンコっていうのは知れば知るほど奥が深くて、その深みにはまってしまうとタイヘンなものなんだと思う。
ま、どんな分野でどんなことでもそうなんだけど。
派手な衣装を着て、バックにパルマを従えてなんとなくハデに踊る、または苦悩して(したふりで)踊る、ということもできるんだろう。
趣味でやる普通の人はそうなんだろうね。

普通一般の音楽だって趣味でピアノをやってる人はこの曲も弾けます、あの曲も弾けます、テンポもいくつ以上ですよ♪となったりするもんねぇ。

そりゃすごいんだけどさ。
できること自体もすごいと思うんだけど。

でも、特にフラメンコはそういった表面だけ捉えてもダメかもしれないような気がする。

んでもって、習ってるから上達するわけでもない。

フラメンコって難しいよね?…いや、今さら何を…ですが(^^;)
例えば、音楽の場合「音大」というものがある。
バレエも日本にはないけど「国立バレエ学校」などがけっこういろんな国にある。
フラメンコってそういうシステムないもんね。

しかも、多分、そういうシステムにはめられないんだろうな、いろんな踊りがありすぎて。
自分が会得したら、そこからどんどん発展させていく、みたいなさ。

だから「習い事」として趣味でやりたい~~♪☆という人にはなかなか難しいものがあるのかもしれないなぁ、と。

大人になってからでもできるけど(多分)、バレエの基礎がなくてもできるけど(多分)、その分の努力はけっこう必要なんだろうなー。

楽譜が読めるからってカンテは歌えないからね。
いろんなカンテを聞いていろいろ知ってコンパスを感じることと、口(歌)と手(パルマ)と足(アセント)をきちんと分離して動かすという身体能力…。

身体能力に関しては、もともとできる人はできるんだろうなー。
ドラマーとかエレクトーンプレイヤーとか。いや、もちろん努力もあるとは思うけど、もっと根本的に得意不得意があると思う。

私、弾き歌い(ピアノね)だってやっと何とかなってきたけど、今だって、ちょっと難しいとピアノに歌がつられるか、歌にピアノがつられるかしちゃうしな。

でも、慣れも努力も必要だってことはよくわかる。

とりあえず、自分がいったい何をしているのかをわかることが第一歩だよな、うん。
声は以前より出せるようになってきたと思うので、あとはアセントやパルマを入れながら、がとりあえずの目標かな。
何も考えなくてもそうなってしまうところまで行ったら、いろんな感情表現もできるようになるであろう。


もちろん、終了後は飲み♪
ビールに始まって(この写真は上のものとまったく同じです(^^;))
e0065350_2123489.jpg

おこげで〆。
e0065350_2153888.jpg

あとはまともな画像がないのです…。これくらいならなんとかかな。台湾焼そば。
e0065350_2162078.jpg

モツとねぎの焼いたのとかしじみのしょうゆ漬けとか牛肉のオイスター炒めとかかきとゴーヤのオイスター炒めとかかきの春巻きカレー風味とかいろいろ頼んだんですけどね(^^;)

楽しい夜はすぐに終わってしまいますねー。
[PR]
by ensayo | 2008-02-29 15:05 | フラメンコ

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30