バイレクラスでしたよ~ん。

ま、考えることいろいろですわ。

自分がどんな動きをしているかが自覚できないのがまず大きな問題でんな。
陽子先生はとても具体的にわかりやすい方法でアプローチしてくれるんだけど、自分の脳はそれをなぞっているんだけど、カラダはなぞっていないかもしれない…。
…。いや、かもしれないじゃなくて、そうであるんだな。ははは。
「ははは」じゃないんだけどさ。

先週は「I got it!」っていう感じだったルルベのキープ。
今回は一人でペンギンになってしまいましたよ。

…メガネだったからかな(^^;)
そう、ここんとこ、右目の調子がイマイチで、コンタクトしない方がいいかな、と本日やめてメガネで行ってみた。
ブエルタの時にメガネが飛んじゃったら怖いのでめがねナシでやってみたら苦手な方の回転が笑っちゃうほどできなかった。
で、メガネをしてやってみたら少しはましになったかも。(^^;)
でも、別に凝視しているわけじゃないし、今使ってるコンタクトの度は多分合ってないし(あんまりよく見えない)、そんなんでそんなに変るわけないよね…(^^;)
んで、さらに、人(モノ)のせいにしたい私は、クラス後にFディー(日本人ですがこう呼んでいる友人)に「ねぇねぇ、ちょっとここでブエルタしてみて」と頼んでみた。
私がレッスンを受けていた場所。

…。彼女はくるんときれいに回った。

…。そりゃそうだよ。床のせいじゃない。自分のせいだよ。とほほ。

ま、そういうときもあるよねー!!
来週はがんばろう~~!!

そうだ、今日、先生が「振りをまねてもダメなんだよ、もっとコアなところから感じないと」と言っていた。
「そうしないと踊りにならないの。体操になっちゃうの。」
「形やリズムだけ合っていても、歌を聞かないと、コンパスを感じないとただの動きなの。」
と言ってもいたんだけど。

自分のことは棚に上げておいてですね。
私、この1週間くらいで3回「X-QUEST」という劇団の芝居を観たのですが、その劇団はダンスもすごいんですよ。
で、3回も観ると本当にいろんなことが見えてきて、ダンスも一人ひとりにチェック入れてみたりして(^^;)

何度も言いますが自分のことは棚上げです。

振りは全員きちんとこなしているんだけれど、やっぱり目が行く人とそうでない人がいる。
みなさん鍛えてあって、柔軟で、身体能力もある。
でも、「ダンス」として捉えた時にはやっぱり「うまいなー!」と思わせる人はなんだろ、抜くところと入れるところの選択を誤っていないというか…。
多分、その部分をものすごく鍛えてきているんだろうと。
だから「考えて」その動きをしているのではなく、もう、自然にそういう動きになってしまうんだ、多分。
「がんばって」きちんと(うまく)踊ろうとしている人にはその余裕がない(と思われた)。

殺陣のかむゐのみなさんも多分そう。
あの重心の低さとどんなに激しく動いていても止まれる計算力(鍛えられたモノだと思うけど)。

いやー。もう、いろんなことが参考になりますわ。
それは踊りだけでなく、演奏でも同じだわ。

ここ一週間くらいでものすごくいろんなことを学びましたわ。


で。
本日。
クラスから帰ってきておなかすいたし買い物に出ようと思ったんだけど雨がけっこうすごくて断念。
家中のものをかき集めて飲みタイム。
e0065350_2352976.jpg

スタイルフリーは冷えていなかったので氷を入れて。
しば漬けとつぼ漬け。ピーナツ。さきいか。ささかま。グラハムクッキーとクリームチーズ。
ジャンクな夜でございます。
[PR]
by ensayo | 2008-04-07 23:55 | フラメンコ

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30