明日は

ダイビングに行くはずだったのだけど。

午前から午後にかけてものすごいイキオイで雨が降るらしく、いろいろ考えた結果、キャンセルすることにしました。

しくしく。

雨が降っても水の中だし、風向きから考えたら、潜れないことはないらしいのだけど…。
でも海は逃げないし、どうせなら良いコンディション(海がね)の時に潜った方がいいかも。
と言ったって、いつコンディションが良いかなんてわからないけどね。

もしも明日、何かの手違いでピーカンに晴れてしまっても、神様が潜りにはいつでも行けるけど、部屋の掃除はそろそろしないとやばいんじゃない??と言ってくれたんだと思ってお掃除します。(予定)

そうそう。
昨晩はダイビングに行く夢を見たのですが、忘れ物の嵐。

しかも、知らないうちにビーチにいて…。
あれ??ショップにも行かずにビーチに来ちゃった…。ってかどうやってここに来たんだろう?みたいな。

ドライスーツも持ってきた記憶がないし、マスクもない。

でも、周りの人はすごくフレンドリーで、いすを出してくれたり、グローブはあそこにあったよ、と教えてくれたり。

「そろそろ行きますか!」というガイドの一声でみんなそれぞれ潜降していくのだけど、私はタンクも背負っていない…。
ちょちょちょ…ちょっと待ってよ!と思っていたら、その店の常連っぽい人が一緒に行きましょう、と言ってくれたの。
言ってくれたのはいいけど、装備もきちんとしていないのに行けないんですけど…、と思いつつ、知らぬ間にエントリー。

しばらく浅瀬を泳いで行くんだけど、途中で「あれ?そう言えばタンクないね?」とその人が。

だから最初からそう言っているじゃないの!!と私。
でも多分大丈夫ですよ、なんて言われて、そのまま潜降。

…ウェイトつけなくても潜れるんだ…なんて思いながら潜っていった私。

さらに、あまりのことの展開のフシギさに「これって夢ですよね?」とその辺の人の肩を叩いて聞く私。
その時はものすごくはっきりしていて、夢とは思えなかったのよ。
ただ、いくらなんでもこんなに器材の忘れ物はしないでしょう、というくらいだったので、半分は夢と信じていたんだけど、あまりにも周囲の景色がはっきりしていて、きちんと人と会話していたので、そうじゃない(夢である)と誰かに言って欲しかったんだよねー。
でも「夢だよ」とは誰も言ってくれなくて、これは現実なのかも、どうしてきちんと仕度しなかったのかな…、と思ったりもして。

なんていう疲れる夢を見てしまいました。

夢の中で「コレは夢だ!」と思う夢はたまに見るけど、どっちかわからない夢を見たのは初めてかも。

なわけで、本当は今日は酒抜き予定でしたが、スタイルフリー~ファルネーゼの白といういつものパターンでございます。


違うのは、今日は酒抜きだからきちんとご飯を食べよう、でも、作ってるひまはないからお弁当を買おう、とお弁当を買ってしまったので、多分、カロリー過多でございます。

でも、前日のジャンクよりはカラダと将来のカラダにはいいんだろうな。

画像は明日アップします(^^;
[PR]
by ensayo | 2009-02-19 23:50 |

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30