衝動買いというか…。

ものすごい衝動に駆られたわけじゃないんだけど…。

私いつか書いたことあったかな?
絵も結構好きなのよ。

鑑賞するなら油とか、昔のテンペラとかも好きなんだけどそれを購入して飾るには、保管や値段のことを考えると、まぁ、無理ですな。

とは言え家にも油が一点だけある。
油と言っても多少コラージュも入っているけど。

もう亡くなってしまったけど山城隆一氏のねこの絵。
リトグラフはまだ市場に出回っているけど、カンヴァスはほぼないかも。
e0065350_18341861.jpg

一番右のオレンジ色のもの。
売り場のお姉さんは油って言ってたけど、アクリルかも、とも思う。
でもそう言ったらそう見えても油なんですよ、って言われたような…。

真ん中はトルコのお土産の陶板。
左はシルクかな。塗谷薫子さんの作品。遠目で見えないけど、「カモマイル」というほんわりあたたかな作品だよ。

で、違う壁にはポスターだけどデュフィの「赤いヴァイオリン」。
e0065350_1851696.jpg

手法はジクレー。(ポスターだけど(^^;))
デュフィはほかにもいろいろ音楽っぽい版画を残しているんだね。

別にこのポスターが嫌いになったとか飽きたわけではなく、なんとなく東武デパートを歩いてる時に私を呼ぶ絵があって。

最初に目についたのはもっと小さいサイズの作品で、しかも、お買物券が満期になっていたので多少の軍資金があり、ちまちま食料品などを買うよりきちんとしたものを残した方がいいかな、なんて思ったりしてたんだ。

小澤摩純さんの作品だったんだ。
タイトルは「ノアの方舟」。
色がきれいでモチーフがはっきりしている。なんだかかわいいなぁ、と。

トイレに飾ったら素敵かな、と。
トイレという空間はなるべく美しくしたいじゃない?

でも、ま、その時はそのまま帰ったんですよ。
なぜかというと、何日後かから彼女の作品の展示即売が始まるんで、もっとたくさんの作品が来ますよ、と言われたから。

そして出合ってしまったのがこれ。
e0065350_19125338.jpg

電気が写りこんじゃって見にくいですが「ピアノコンチェルト」というもの。
これもジクレーだって。へー。
でもこれはトイレに飾るには大きすぎる…。どこか飾るところは…。

というわけで、レッスン室のデュフィを玄関に移動させまして、そこに飾りましたのですよ。
e0065350_1916510.jpg


なんつーか、鼻息のかかるくらい近くで絵を見られる幸せ。(版画だけど。)

小澤さんにはサインも入れていただきましたのよ。裏に。わーい!!
e0065350_19294710.jpg


実はリビングにも1枚あるんだ、版画。
e0065350_19175546.jpg

これも電気が写りこんじゃったけど、キャロル・コレットのもの。
彼女の描く四季は本当にそこにいるかと思わせるような感じで見ていて飽きない。
これもほんとは鼻息がかかるくらい近くで見たい。
でもちょっと高いところに飾ってあるんだ。

まぁ、そんなこんなでたまには絵を見るのもいいよね。

なんだろね?
ただの絵なんだけど、見ていてほっとしたり、あったかい気持ちになったり、すがすがしい気持ちになったり、くすっと笑ったり…。

そう、ただの絵なんだけど。

そいういうものが必要なんだろうなー、なんかわからないけど好きなもの、みたいなものが。

コレットの作品なんかほんとは四季で変えていっったらいいんだろうね。
(そこまでの軍資金と余裕がありませんが。)

あぁ、でも、そういえば亡くなった祖母もうちの母も、季節によって玄関の飾りやマットなんかは変えていたなぁ。

忙しかったはずなのに。

忙しい、なんて結局言い訳だよね。

…わかってはいるんだけどね(^^;;;;)


昨晩のセット。もう、完璧ワインですな、毎日。
e0065350_1929469.jpg

ちなみに昨日は演奏会も行きまして、高校生と一緒だったんで帰りにミスドでお茶。
e0065350_19322757.jpg

ポン・デ・リングがクリスマス仕様になってた。

このごろ夕焼けが美しい。
e0065350_1934948.jpg

[PR]
by ensayo | 2010-12-09 19:38 |

昨晩はデフォルトよ♪

デフォルトったってスタイルフリーが切れているので普通のビール、アサヒスーパードライ。
ずっとキリンが好きだと思っていたけど、実はアサヒが好きなのかな、私?

自炊継続とは言えない、手抜きのコンビニの豚汁とごはん。ごはんは炊いたんだけど。とビール。わははははー。
e0065350_1510857.jpg

いや、本当は夜のレッスン(仕事)の前にちゃんと作って食べようと思ったんだけど、思いつきで美容院に行ってしまったので作る暇がなく…。
23時から何か作るのもあれかと…。

で、スーパードライが2缶しか冷えていなかったのでコンビニ調達のカロリ。の秋味。
e0065350_15122151.jpg


やっぱりアルコールは食欲を増進するんだわ。
静岡から持ってきた地物のしらす。
e0065350_15131862.jpg

コンビニ調達の新製品ガリレオ。
e0065350_15135569.jpg

などなど食べまくってしまったわよ。とほほ。

実家で見つけた私の作品。最初から大きいサイズで撮ってくればよかったんだけど気づいたのが遅く、ちょっと見にくいのだけど。

マリメッコか!?と言ったのはこれ。
e0065350_15153370.jpg

先生の評価はこれ。
e0065350_1516160.jpg


私が個人的に気に入ってるのはこれ。
e0065350_15325864.jpg

雨なんだよー。すごいセンス(^^)
このワークブックは下地に少しだけ絵が描いてあって、それにぬり絵をしながら、空いている空間に自由になんでも描いて良いですよ、というものだと思う。
で、見開きで1ページ。になっていてですね。上に載せたのは左側のページ。
こっちが右側のページ。
e0065350_15184851.jpg

緑色に塗ってあるのは本当は水溜りなんだろうけど、かえるがいたので葉っぱ(蓮の)だと思ったんじゃないかな、私。
その横の黒い線は多分左のページに描いてあった見本(?)のかえるだと思う。

海の中もなかなか。
e0065350_15205613.jpg

これらみんな4歳の時の作品。

もう自分の名前はひらがなだけどちゃんと書けたんだよ(^^)v
e0065350_15214636.jpg


覚えているのは、太陽を赤では絶対に描かない、と決めて描いていたこと。
なんだろね、この頃から人と同じ、があんまり好きじゃなかったのかも(^^;)
協調性はないとは思わないけど、言われたままをそのまま、が好きじゃないんだよな。自分できちんと納得したものならいいんだけど。
それは今も変わらずだ。
やみくもに反抗するわけではなく、きちんと守った方が美しいと納得したことにはもちろん右へならえ、は率先してするんだよ。今も。
[PR]
by ensayo | 2009-09-24 15:35 |

同窓会ついでに

e0065350_22201592.jpg


母に、小学校や幼稚園の同窓会(同級会)もすれば?

と言われ、小学校や幼稚園の卒業アルバムは家にあるのかな?と家捜ししてみた。

小学校の卒業アルバムは出てきたけど、幼稚園のはなく、出てきたのは普通のアルバムと…。



私の作品!!


私、天才だったのかも←うそ。

自分の認識としては水色と黄色と白が好きだったんだけど。

出てきた絵にも水色が多く使われているんだけど。

意外なことに、オレンジ色が多様されている!

自分でびっくり。

オレンジ色好きだったんだ。
東京に帰ったら写メ整理してアップするけど、今回載せたのは4歳の時の作品。

この色使い、ライン、なんつーか4歳の感性ってすごい。

今日はアップしてないけど、チューリップの絵なんかマリメッコか!?みたいな。

いや、当時、家にも祖母の家にもマリメッコの柄のお布団があって、それがとてもとてもお気に入りだった記憶はあるんだけど。

ちなみに寝間着はゆかたタイプのひよこ柄、通称「ひよこちゃん」が大好きだった。

意外とあるんだ、幼い頃の記憶。

最近は飲むと記憶喪失になりがちだけど(^^;←ヤバイのでは(^^;


お夕飯は散らし寿司でした。
こっそり写ってるけどもちろんスタイルフリーも♪
e0065350_156799.jpg

[PR]
by ensayo | 2009-09-20 22:20 |

ほんっとに毎日

飲んでるなぁ。
本日は損保ジャパン東郷青児美術館「ジョットとその遺産」展を見に行き、レセプションにもお邪魔させていただきました。

いろんなことに余裕がないとこういうことってできないのよね。
でも、やっぱりたまには見るべきだわ、いろいろ。
e0065350_23564144.jpg


古い絵画は面白い。
パースペクティブが嘘800だらけで(^^;)
貴重な絵の具を使って絵を描かせるキリスト教ってすごいと思う。
同じような構図で同じモチーフを(マリアとキリストとかキリストの磔刑とか)それぞれがそれぞれの感性で描くんだよねぇ。
だって誰も見たことがないんだから。

キリスト教は赤が高貴な色なのかな?と一緒に見に行った人と話してたら、絵の具に青が登場したのはけっこう遅いらしい。
へー。

そうか、そうだよね。絵の具だって最初から全色あったわけじゃないよね。
そんな当たり前のことにどうして気づかないんだろう、私。
あって当然、と思っているものが如何に多いことか…(^^;;;)

なわけでレセプションでいただいたもの。
e0065350_3928100.jpg
e0065350_310077.jpg
e0065350_3102251.jpg
e0065350_3105069.jpg

どれもこれもおいしゅうございました。





9月7日に追記しました。
9月8日に追記しました。
9月9日に追記しました。
9月10日に追記しました。
9月4日に写真を追加しました。
9月4日②に写真と動画を追加しました。
[PR]
by ensayo | 2008-09-11 23:56 |

ほほほほ。4:30よ♪

夕方じゃなくて朝の♪

そしてこの時間に焼きカレーパンとビール(発泡酒だけど)を食べて飲む私(^^;)
もうなんでもいーわ。
e0065350_505322.jpg


昨日は松戸の学校に行って→楽器を新大久保の山野楽器ウィンドクルーに置いて→神保町の文房堂に版画展を見に行き→青山一丁目のスペースキッズに写真を見に行き→帰る。

という一日でした。

神保町って御茶ノ水?みたいな変な質問を自分の中にしつつ、「神保町」という駅に降り立ったことはあんまりないな、と思いながら歩きましたです。

きっとゆっくり歩いたら面白い町なんだろうな。
神保町の文房堂でやっていたのは「ザボハウス展」。
友人(知り合い?)がそこで版画をやっていまして、案内をいただいたので行ってきました。

版画って面白いね。
なんというか不思議。
絵画よりももっと自分自身が出てくるもの、みたいな感じかなー。
こだわっていることは人によって違うし、だいたいそれぞれみなさん、モチーフやテーマが根底にある感じ。

その人がその作品をどう作ったか、も大事かもしれないけど、見た人がそこから何を感じるか、が大事なのかも。
言い換えると何かを感じさせる作品というのが面白い、と言われるものなんだろうな、と。

見る側もその日の気分でいろいろだろうけど。

色彩感も人それぞれでとても興味深かった。
またチャンスがあったら見に行きたいな、と。

で。
その後青山一丁目に移動。
ギャラリースペースキッズで写真展+イラスト展。
写真を撮ったのは時々登場している劇団、「X-Quest」の今回のスチールを撮った石澤知絵子さんとイラストレーター伊藤恵さんの展覧会。
(伊藤恵というとどうしてもピアニストが浮かんでしまうんですがね(^^;))

全然知らない場所に一人で行ったのでちょっと緊張してしまったのだけど、とても暖かい展覧会でしたよ。

スペースはそんなに広くないので、会話はすべて聞こえてしまうんだけど、伊藤恵さんは猫と蜘蛛が好きなんだって。

猫はわかるけど、蜘蛛!
確かに彼女の描く蜘蛛はかわいかった。猫ももちろんだけど。

そうかー。
世の中にはいろんな人がいて、好きなものもそれぞれだなぁ。

私は嫌いじゃないけど好きというほど好きじゃないもんな、蜘蛛。
大きさによってはキライな部類に入るし。

でも、小さい頃、母の宝石箱(というほどのものでもないけど)にきらきらした蜘蛛のブローチがあって、それはきれいだなぁ、と思っていた。


版画にしても写真にしても、空間は平面。二次元。
そこから出ているメッセージは無限で、それを自分のアタマの中の自分だけのワールドに投影して楽しむ、という楽しくて孤独で下手をするとあっちの世界に行きかねない危ない愉しみ。

あぁ、そうだね。
絵も写真も版画も漫画も小説もみんなそう。

そこに隠されたメッセージを感じる(読み取る)事も楽しいけど、そうじゃない、自分だけがわかるもの、に気づかされたときにちょっと興奮する。
それは作者がそれを意図しているとは限らない。
その面白さ。

うーん。深い。楽しい。


で。
本当は久々のかねぷーだったんだけど、仕事の折り合いなどで結局断念。
家に帰る途中にセブンイレブンで親子丼とビール(発泡酒だけど)を買って(しかも温めてもらって)家に到着するなり即食べ飲み。
e0065350_545371.jpg


で。しばし昼寝。(いや、十分夜だったけど)
で。起きて仕事。

で、焼きカレーパンを食べてビールを飲んでブログ更新。
あぁ、もう5時だよ。
起きる人は起きる時間だね。

ではおやすみなさい。
何時間後に起きればいいんだ??

…とんでもない生活だな…(^^;;;;)
[PR]
by ensayo | 2008-04-19 05:06 |

いろんなお誘いがあって、ほんとは全部行きたかったけど、なんだかダメどした。

明日のこともあるしね…。

追記は明日…ううん、多分あさってになっちゃうけどします。

昼間は某レセプションでおいしいものをたくさんいただいてシアワセでしたが(^^)、画像を一枚も撮らずに帰ってきてしまった…。
その辺もまた明後日。

とりあえず、明日に備えて寝ます。よいこは早寝♪


追記:9月16日昼

縁あって、時々損保ジャパン美術館の展覧会のプレビュー&レセプションに時々招待してただいているのですが、今回は「ベルト・モリゾ」です。

私、印象派の絵画は基本的にとても好きで、ベルト・モリゾも好きな画家の一人なのでとてもうれしかったです。
もう一度じっくり鑑賞するために行こうと思ってます。
ま、印象派だけが好きなのではなく、けっこうマルチに何でも好きなんですけどね。
エッシャーやダリも大好きだし、以前も書いたかも知れないけどフォロンやクレーも好き。
それ以前のパースペクティブよくわかんない宗教画にも惹かれる。

ま、それはおいておいて。

朝、一人レッスンして、美術館には15時に行けばよかったので、その間、多少時間はあったのですよ。
そこへですね、以前のNOVA仲間から、一緒にランチしようというお誘いが!
みんなとずいぶんご無沙汰しているので、絶対会いたかったんだけど。
レセプションでお食事はいただけるので、私はお茶だけでも、と、当初は考えていたのですが。

朝のレッスン終了後、なんかもうどうにもならない眠さが襲ってきまして。
急激な眠気は片頭痛の前兆らしいし(これも知らなかったよ。片頭痛とは結構長く付き合ってるのに)、なんせ、ここんとこずーーーーーーっと歌の練習と、その他ライブの練習で疲れてはいたのよ、うん。

で、ゴメン、やっぱり行けないとメールして少し寝て起きて、新宿へ向かうために準備していたら!!
腕時計が止まっていた!
しかもめちゃくちゃ微妙な時間に。
なんか悔しいけど遅刻してしまったよ。とほほ。

ま、腕時計は修理に出しましたがね。修理代はにまんえん!!だそうですけどね…。

次の日がライブだったのであまり飲まないようにしてたつもりだけど、レセプションっちゅうところは、少なくなるときれいなおねーさまがたが注ぎ足して下さるので、全然なくならないわけですわ。
なので、多分いつもよりは少ないけど当初の予定よりは飲んでしまったんだろう。

そのあと、ライブの打ち合わせに楽器屋さんに行く予定だったけど、なくなったんで帰ってとりあえず一度寝て夜ごそごそ起きてピアノと歌の練習をしましたですよ。
で。再び寝て明日(つまり15日)のライブに備えたわけです。


画像がないのもさみしいので。
e0065350_1244798.jpg

これは「プティ・ギャルソン」のシーフードピザ。
薄焼きのピザが好きな人はここのピザがオススメです。
ちょー薄焼きです。
具もとてもおいしいですよん★
[PR]
by ensayo | 2007-09-15 01:09 |

ちょっと貧血かも

と思いながら、飲む飲む。
いや、貧血かどうか良くわからないけど、なんとなーく体調不調な気がして。
でも気のせいだわ、絶対。

というわけで、本日、久々に損保ジャパンビルの東郷青児美術館に「サーカス展」を見に行ってきました。
サーカスってすごく古くからあったのね。
今じゃ「シルク・ド・ソレイユ」のようになんかすごい大きなイベントで、そこで活躍するのもひとつのステイタスな雰囲気だけど、少しだけ暗い部分があると言うか、「サーカスに売り飛ばされるよ」みたいな、いったいなんで売られるんだろう?みたいな、そこでいったい何が待ち受けているんだろう?みたいな、のぞいてはいけないようなイメージがあるんだな、私。

派手な衣装に身を包んだピエロもなんとなく面白くても怖くて。
と思わない?

展示作品の中に「パウル・クレー」のものもあって、クレーが好きな私としては絵葉書があったら買いたいところだったのだけど、なかったので断念。
クレーは合唱曲「クレーの絵本/谷川俊太郎詩・三善晃作曲」を大学時代に歌ったことから興味を持った画家なんだ。

全然違うかもしれないけど、私の中ではちょっとだけ共通する雰囲気の色彩感からフォロンも好きなんだけど。

ま、それはどうでも。
今回のサーカス展に関しては輪郭を太くダイレクトにとる画家の作品が多かったと思う。
ビュッフェとかレジェとかルオーとか。
(リンク先がさまざまですみません。)
そんな中にローランサンがあるとなんだか不思議な感じだった。
テーマは「サーカス」だけど、なんか違う雰囲気で。
ローランサンって、ポスターなどではよく見かけていたけど、やっぱり本物を見なきゃだめだね。
当たり前かもしれないけど、本当にキレイだった。水彩みたいな油彩。へー。

印刷技術が発達して、いろんなものを目にする機会が多いけれど、リトグラフやシルクスクリーンは多少あれだけど、油彩ものはやっぱり本物を見ないとだよな…。

となんとなく文化的なアタマになった後は飲み。
本日の一杯目はもちろん生ビールでございます。
e0065350_324426.jpg

一口飲んじゃったあとだけど。
んでビールをおかわりしながらですね、珍しくも冷酒。吟の舞
e0065350_3245057.jpg

日本酒って飲むとおいしいんだよね。
でも、翌日絶対残っちゃうのと、飲み口がよくて飲みすぎてしまう恐れアリで、チェイサーにビールを飲みながらゆっくりといただきましたです。

一緒にいただいたものはいろいろあるのだけど、おもしろいところで「サラダラーメン」。
e0065350_328487.jpg

おいしかった♪
あと桶に入ったお寿司!!
e0065350_3293615.jpg

一人では絶対に食べられないものじゃない?うれし~。
ま、ほかにもいろいろいただいて。

またしてもかえるのお母さん状態。
なのになのにどうしても甘いものが食べたくなってしまって、寄ってしまったよ、ハーゲンダッツ
e0065350_3305997.jpg

しかも、かわいらしく普通にシングル、とかではなくて「マンゴー&ベリーパフェ」。
アイスは「バナナキャラメル」という濃厚系。ふつうはもっとさっぱりしたものをチョイスするのであろうが…(^^;)

ま、そんなこんなで帰ってきて、目だけはずしてお風呂沸かしながらさっきまで寝てた…。
帰りにコンビニに寄ったらしく、サンドイッチとおにぎりが落ちてた。
もちろん、帰ってから食べようと思ったわけではなく、明日の朝ごはん用に買ったんだよ。(多分)

さ。お風呂入って寝よう。
しかしなんちゅー不規則な生活や。改善せねば。
[PR]
by ensayo | 2007-08-02 03:42 |

縁ありまして、お呼ばれしてきました。
損保ジャパン東郷青児美術館ペルジーノ展の内覧会とレセプションに。
一般公開は明日からです。

ペルジーノは1500年頃にイタリアの宗教画家として活躍していた人らしいですが、その時に描かれたものが、あまり退色もせず、日本で見られるなんてなんだかすごいと思いましたよ。
板にテンペラ、が多かったですが、板に油彩、カンヴァスにテンペラなどもあって、へー、という感じ。

個人的に面白かったのは遠近法。
だまし絵を見ている感じです。エッシャーの。

で、レセプションではウェルカムシャンペンから始まって…。
e0065350_120453.jpg

イタリアの絵画ということでお料理もイタリアを意識しているとか。
最初のオードブルだけは写真を撮ったんだけど、あとは飲んだり食べたりで、何も撮らないまま時が過ぎた感じでした。
ま、それだけシアワセな時を過ごしたということですな。
e0065350_1223323.jpg

…無理やり花を入れて撮ったためなんだか不自然な写真になってしまいました。
イタリア野菜のスープもおいしかったし、カナッペはたこのイタリア風やタラモサラダやうなぎ(!)というあまり普通には乗らないようなものも多く、そうだ、イタリアってシーフード食べるのよね、と。
うなぎやたこって英語圏の人ってあんまり食べないもんね。
イタリアはうなぎのトマトソースなどは普通にあるし。

あと、30Kgのパルミジャーノの中で作られたスパゲティ。あんなに大きなパルミジャーノ見たのは初めてだ。あぁ、写真撮ればよかった。

こういうパーティーの良くて悪いところはグラスが空になることが無いの。
気づくとアテンダントさんが注いでくれてて。
うれしいけどキケン(^^;)

なわけで、ついつい飲みすぎて、カンテのクラスには行けませんでした…。
ま、行っても酒くさくて人に迷惑をかけただろうから行かなくてよかったんだろう。←絶対。

15:30位から飲んでたんだよね…。うーーん。(^^;)
帰ったらやっぱり知らない間に寝てて、もう、今日はしっかりベッドで寝て、早起きして仕事しよう!と寝るモードだったのに、なんかさっきふと目が覚めてしまって、どうせ覚めたなら仕事するか、とPC立ちあげていきなりブログ書いてる私…。

で、PC閉じて寝ちゃったりして。ははは。←笑い事ではないのでは。
[PR]
by ensayo | 2007-04-21 01:38 |

ほぼ毎日飲んでるお酒のことと趣味のこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31